Skypeで外国語のレッスンをしたいたのにエロイプになった例

語学の勉強は実際に駅前にある英会話学校からネットを使ったものに変わってきています。その方が時間の制限もないからです。そんな相手を募集できる掲示板もあるのですが、最初は語学のレッスンであっても、次第にエッチな方向に進むこともあります。今回は【Skypeで外国語のレッスンをしたいたのにエロイプになった例】についてお話します。

■日本語も話せる人が欲しかった僕

英会話を勉強したかった理由は英語コンプレックスがあったから。ほんのカタコトしか話せないので、それなりに日本語を喋れる「女性」を募集しました。教えてくれるなら異性のほうがモチベーションもアップできるからです。返事をもらった女性はカナダのバンクーバー在住。

早速、個人レッスンが始まるのですが、彼女の名前はナンシー。横浜生まれで横浜育ちなので、日本語はバッチリです。日本のアニメが好きだから、その理由も頷けます。今は、父親の勤務の都合でカナダに戻っているようです。

■ナンシーと映画談義をしていたが……

フリートークのレッスンで日本の映画について話をしました。僕は邦画に関しては疎くて、どちらかと言いますと洋画が好きでした。ナンシーはその日はお酒も入っていたせいか発言も大胆に。(まあ、外国人は発言は基本的にあけすけないのですが……)。するとナンシーは「邦画はセックスシーンの臨場感がイマイチ。アダルトビデオでは迫力があるに!」と。

僕は唐突な発言にびっくり。それまでは知的で清楚なタイプだったのにお酒の力は怖いね。下ネタの発言で、不穏な空気感になったのです。僕は直感的に(これは、もしかしてエロイプに誘えるかも)と思った訳です。

■ナンシーに玉砕覚悟でアタック!

「ナンシーはどんなセックスがいいの?ちょっと見せてみてよ」と。「いいよ、じゃあ見ていてね」と言い放ち、Webカメラを全身が映るように角度を変えて、ブラ1枚の姿になり、バストをモミモミし始めました。そして、その手が下に移動しちゃうのです。すぐに愛液の音がヘッドホンから聞こえてきました。一通りの一人エッチシーンが終わるとナンシーは「どうなの?私の演技に興奮した?」と。僕は「いやあ、良く分かったよ」と答えるしかなかったのです。

既婚者とエロイプする場合は相手の家庭環境に配慮すること

Skypeは無料でやりとりができるので、便利なツールですよね。Skypeを使ってテレフォンセックスをすることを「エロイプ」というのです。これをするときには注意が必要ですね。今回は【既婚者とエロイプする場合は相手の家庭環境に配慮すること】についてご紹介します。

■香川県南国市在住27歳の僕は山田と言います。相手は既婚者の佐藤さん。

佐藤さんは35歳で保育士をされています。はじめは仕事の話とか日常会話だけでした。でも、段々と既婚者独特の愚痴があるようです。僕は佐藤さんに少なからず好意を持っていましたから、話をするだけでもよかったのです。佐藤さんのほうも、人に聞いてもらえるだけで気持ちが楽になるとよろこんでくれました。

こういったことから二人の距離が近くなり、お酒を飲みながら本音を話すようになったのです。佐藤さんはお酒に強くないんで、大胆になってきます。それも下ネタが大好き人妻だったのです。次第に本性がでてきました。大学の頃はトイレでセックスしたり、公園でセックスしたりもあると、臨場感溢れるトーク力で僕をエレクトさせてくれました。

女子会では、こんな話も飛び交うのかな?でも僕も男ですから、勃起も半端なく酔いが覚めてしまうほどになってしまいます。Webカメラを使っていたので、僕はついに我慢できず、「佐藤さんのエロイ話を聞いたら、こんなになっちゃったよ」とズボンをずらして自慢のペニスを見せつけるようにしました。引かれたとしても「悪酔いしていたから、許して……」と誤るつもりでした。

でも、佐藤さんの反応は意外なものでした。「じゃあ、一緒にエッチなことしちゃう?」と……。ふたりはお互いのものを見せ合いながらテレフォンセックスを楽しんだのです。盛り上がってきたのに、急に佐藤さんが「ご免、あとでまた連絡するよ」とSkypeが突如、切れたのです。

2時間したあとで、再びSkypeが繋がります。どうやら出張中のご主人が一日早く帰宅したようです。その日は、それで終わったのですが、ご主人が出張のときはエロイプでテレセする間柄になりました。